岐阜県羽島市の歯医者|ついき歯科|虫歯・歯周病予防|岐阜市・木曽川・尾西

虫歯・歯周病予防 prophylaxis

予防歯科とは

近年、歯科に関する「歯が痛くなったから歯医者に行く」という事後的な考え方は、「歯の健康な状態を保ち、悪くならないように歯医者に行く」という事前的な考え方に変わってきました。このような考え方に基づいた診療を行うのが予防歯科です。
当クリニックでは、フッ素塗布、ブラッシング指導、定期歯科検診、PMTCなどを通じて予防歯科診療を行っております。歯は一生の大切な財産ですから、予防歯科により患者様の歯を1本でも多く残すように、サポートいたします。

当クリニックの主な予防歯科治療

フッ素塗布

フッ素塗布とは、歯科クリニックで歯の表面に高濃度のフッ素を塗布することです。フッ素には、エナメル質の結晶性を高めて歯の質を強化し、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)するなど、虫歯になりにくくする効果があります。

ブラッシング指導

予防歯科の基本は、なんと言っても毎日の歯磨きです。しかし、「磨いている」つもりでも、磨き方に問題があるなどして、実際には「磨けていない」方が少なくないものです。歯ブラシの選び方・握り方・動かし方、歯磨きをする上でのポイントなどについて、やさしく丁寧にご指導いたします。歯の磨き方に関する考え方は随分と変わってきており、昔と今とでは、推奨されている磨き方が、かなり異なってきています。ですので、過去にブラッシング指導を受けた経験のある方も、今の磨き方が適切かどうか、改めて指導をお受けになり、確認なさってみることをお勧めいたします。

当クリニックの主な歯周病治療

スケーリング

スケーリングとは、歯石を除去することです。歯の表面に付着している歯石を、スケーラー(歯石を除去するための専用器具)を用いて取り除きます。歯石の中にはたくさんの細菌が生息しており、そのままにしておくと、細菌が歯周組織(歯を支えている骨などの組織)を破壊していきます。そのため歯周病の原因である歯石を取り除くことが、歯周病の予防と治療には欠かせないのです。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、歯周ポケットの中に隠れている歯石をスケーラーで除去し、また細菌に感染した歯質をきれいに除去する治療のことです。歯周ポケットが深いと、歯肉(歯茎)の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す“毒素”が根面に浸透していきます。そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除く処置がルートプレーニングです。ルートプレーニングは、ポケットの奥深くまでスケーラーを挿入するため、痛みが伴うときは局所麻酔をした上で行います。

フラップ手術(歯周外科治療)

フラップ手術とは、上記のルートプレーニングでは取り切れなかった、さらに深い部分の汚れや、歯垢・歯石を除去する処置です。ルートプレーニングと異なるのは、歯肉(歯茎)に「切開」を加える点です。切開により、歯肉の深い部分を直接目で観察することができるようになり、歯根の表面まできれいにすることが可能になります。