岐阜県羽島市の歯医者|ついき歯科|一般歯科|岐阜市・木曽川・尾西

一般歯科 general

虫歯も早期の治療が大切

虫歯は、「ミュータンス」と呼ばれる細菌(いわゆる虫歯菌)が、歯に付着した糖をエサにして酸を作り、その酸によって歯が溶け、やがては穴が開いてしまう疾患です。
初期の虫歯ですと、痛みなどの自覚症状がありません。しかし、虫歯が進行するにつれて患部に細菌が繁殖して病巣が広がり、歯は痛み始めます。そのままに放置すると、さらに虫歯が進行していくだけでなく、他の健康な歯にも悪い影響を与えますので、早期の治療が大切です。

虫歯の原因と進行度合い

虫歯の進行度合いには、5つの段階があり、この段階および個々の患者さんの状態に応じて、治療法もそれぞれ異なってきます。虫歯が進行すればするほど、その治療には時間と費用が掛かるようになりますので、早めに歯科を受診しましょう。

C0の治療(最初期)
C0の治療

穴が開く前の「最初期」の虫歯です。歯の表面が白濁したり、溝の部分に茶色い着色が見られることがあります。この段階なら、歯を削ること無く、虫歯の進行を抑えることで治療を終えることができます。

C1の治療(初期)
C1の治療

表面のエナメル質まで、虫歯が進行している状態です。ほとんど痛みが無く、虫歯に気づかないこともあります。虫歯になったエナメル質の部分だけを削り、レジン(樹脂)などを詰めるだけの簡単な処置で済むため、麻酔をしなくても治療に痛みはほとんど伴いません。

C2の治療(中期)
C2の治療

エナメル質表層下の象牙質(エナメル質の下にある硬組織)まで、虫歯が進行している状態です。冷たい飲食物などが歯にしみたり、噛んだ際に痛みを伴ったりすることがあります。虫歯になった部分だけを削り、詰め物をしますが、治療で削る歯質が多いようなら、全体を被せ物で覆ったりもします。

C3の治療(後期)
C3の治療

象牙質の奥にある歯髄腔(歯の中の神経と血管が入っている空洞)まで、虫歯が進行している状態です。さらなる細菌の侵入や、根っこの外への感染、痛みを防ぐために歯髄を取り除き、歯の中をきれいに消毒した後、根尖孔(根っこの先にある歯髄の出入り口)までを完全に薬で塞ぎ、根っこの内部と外部とを遮断します。歯の根の治療を終えたら、金属などを使って土台をつくり、被せ物を接着します。

C4の治療(末期)
C4の治療

歯冠部のほとんどが溶け、歯根部分だけが残っている状態です。既に歯髄(歯の神経)が死んでいるので、強い痛みはありません。ここまで来ると、もはや治療することはできませんので、早く歯を抜いて傷の治癒を待ち、歯が無くなった部分をどのようにして噛めるようにするかを考えます(入れ歯、ブリッジ、インプラントなど)。

虫歯以外にもこんな症状は早めにご相談ください

  • 朝起きた時などに口の中がネバネバする
  • 歯磨きをした際に歯肉(歯茎)から血が出る
  • 歯と歯の間の「すき間」が広がってきた
  • 歯肉(歯茎) が腫れたり、膿が出たりする
  • 歯肉(歯茎) が下がり、歯が長くなったように見える
  • グラグラと揺れている歯がある
  • 歯茎がむず痒い
  • 歯ぎしりをする
  • 口臭が気になる
  • 口内炎が生じやすい
  • 硬いものを噛むと痛みが走る
  • 冷たいものを含むとしみる
    など